マッサージで得られる様々な効果

最も効果的なマッサージの頻度は?

健康保険適用になる受診方法

マッサージは、医療的な治療目的である場合、健康保険の適用になる場合があります。
肉離れや打撲、捻挫など。
また、骨折や脱臼も適用になりますが、実際に施術を行う場合、緊急の場合を除いては、医師の同意が必要となります。
また、注意が必要なのが、同じ疾患に対する治療として、病院や医院などで既に治療を受けている方の場合は、健康保険の適用にならないということです。
一方、慢性的な肩こりや腰痛、五十肩のといった傷みを和らげるための治療やスポーツによる筋肉疲労、リハビリや関節炎などの慢性的な痛みの緩和を目的とした施術には健康保険は適用されません。

健康保険適用範囲内の治療は、電気治療に加え、10~20分程度のマッサージと上限があります。
施術時間も短いこともあり、症状が回復するまで毎日通う場合もあります。

慢性的な痛みの治療の場合

腰の痛みや麻痺など、慢性的に生じている痛みの改善を目的として施術を受ける場合は、保険適用にはならず、自費での診療になります。
施術時間も60分など、比較的長い時間になることが多くなるのが一般的です。
体のゆがみや、血行やリンパの流れの改善など、根本から問題を解決していく施術方法になるので、定期的に施術を受けていくことが、身体の状態の改善、また、良好状態を維持する上で大切になります。
最初のうちは1~2週間に一度程度、改善が見られ、症状に大幅な痛みの再発や特に大きな改善が見受けられない様な場合は、1か月に1回など、無理のないペースで進めていくことになります。
時間を空けずに施術すると、かえって効果が出づらい事もあるので、担当の施術者の方と相談しながら進めていくことが大切です。

TOPへ戻る